The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
私たちの幸せな時間(???? ?????)
2007-06-18 Mon 22:32

韓国語を勉強しているちぼりだが、

 

聞き取ったり、会話はなんとかなっても

 

“読み”“書き”は大の苦手。

 

留学中に韓国の某有名大学の語学堂(オハクタン)を

 

卒業し、そのまま某有名大学に通っていた子に相談

 

したところ、彼の返事は本を読め!という返事だった。

 

本を読めったって何読んでいいんだか。。。。。

 

そこでちぼりが選らんだ本は“???? ?????(私たちの幸せな時間)”

 

 

 

 


 

過去の日記にもあるんだけど、ちぼりの好きな“カン・ドンウォン君”が

 

出てる映画の原作。日本では映画が7月14日から公開になる。(HPはこちら)

 

単純に映画を観たから話しが理解できるだろうと

 

去年9月に買って読み始めたんだけど、そんなに甘くはない。。。。。。

 

単語が難しくてすぐに読むのを辞めてしまった。

 

で、最近めっきり韓国語に関わりのない毎日を過ごす中何となく

 

この本の存在を思い出し読み始めた。

 

話しの内容としては

 

親に捨てられ貧しいなか懸命に生き、殺人事件を起こした死刑囚“ユンス”

 

裕福な生活をしているが家族に裏切られ、それがきっかけで自殺未遂を繰り返す

 

大学教授“ユジョン”そんな二人がユジョンの叔母を通じて出会い、やがて心を

 

通わすが二人に残された時間はわずか。。。。。。。

 

単語もちぼりにとっては難しいものが多くて、辞書を片手に読んだんだけど、

 

誰とも真に心を通わすことができなかった二人が心を通わせていく課程。

 

それぞれが背負ってきたもの。読み進めていくうちにすっかりこの本に

 

はまってしまったちぼり。通勤時間にも電車の中で読んだりしてたんだけど、

 

感極まって、電車の中で号泣してしまい周りの人から変な目で見られる始末

 

映画も公開になるが、日本語に翻訳された本も発売になっている。

 

どんな翻訳をされているのか、読んでみたい気もするんだけど、

 

韓国語で読んで感じたものを大切にしたいような気もするし。。。。。ん~。。。。。

 

 

スポンサーサイト
別窓 | ちぼり in 日本+韓国のこと | コメント:0
<<しょ~たいむ!! | 3番出口で会いましょう@韓国 | ??(密陽-ミリャン-)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 3番出口で会いましょう@韓国 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。